<< 11月12日のお弁当 かりんがやってきた >>

かりんのジャムとお酒

c0209351_19135845.jpg
煮ましたよ、大量のかりん。1キロ以上もあったので、結構な大仕事になりました。

c0209351_19145054.jpg
途中からはそうでもないのに、最初の一刺しが
かなり固い!かぼちゃ並みでした。
かりんの種って、結構びっしりつまってるんですね。
まずは皮と種を10分くらい煮て、
お湯にとろみをつけます。

c0209351_19155639.jpg
そして、ざっと刻んだ実と砂糖を投入。
レシピには強火で15分とありましたが、まさかまさか。
1時間近くかかりましたよ。
若干砂糖を少なめにしたのと(それでも60%)、
テキストの写真よりお鍋が小さめだったからでしょうか?

c0209351_19254146.jpg
でもその甲斐あって、こんなにきれいな色になりました。
香りは、生の時とは違います。
今まで嗅いだことのない感じ・・・。
強いて言えば、やっぱり市販の
かりんのど飴に近いかも。

c0209351_19295254.jpgいちばん大きかったのをひとつ、かりん酒にしてみました。
果実酒って、初めての挑戦です。
レシピにもよるのでしょうけど、これはお砂糖と
刻んだ果実とホワイトリカーを瓶に詰めるだけ。
意外と簡単なんですね。
飲み頃は3カ月後だそうなので、ちょっと先のお楽しみです。

さすがに1.2キロもあると、たくさんできました。
数日たって、砂糖がなじむのが楽しみです。
色も、すいかのようなトマトのような、とってもきれいな色なので、
自然光の下でまた撮ってみるつもりです。
それにしても、さすがにちょっとくたびれました。ふぅ~~・・・。
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村
[PR]
by mafura-chan_2009 | 2009-11-11 19:42 | 保存食・常備菜
<< 11月12日のお弁当 かりんがやってきた >>